10月1日は日本酒の日 〜日本酒と缶詰のお話〜

皆さま こんにちは。

mr.kanso代表 川端啓嗣です。

いよいよ、10月に入りましたね。

久しぶりに、秋の香り、涼しさが感じられる年ではないでしょうか?

さて、本日10月1日は「日本酒の日」です。

そこで、日本酒にまつわるお話を絡めつつ、

缶詰のご紹介をさせていただきたいと思います。

10月1日「日本酒の日」

 

なぜ、10月1日が「日本酒の日」なのか?

その由来は、いくつかあるそうです。

10月は和名で「神無月」ですが、一説には「醸成月(かもなしづき)」、

つまり新穀で新酒を醸す月からの転声とも言われ、

日本酒にとってある種、区切りとなる大切な月なのです。

一つ目の理由:「日本酒元旦」

10月は収穫された新米を使った新酒が造り始められる時期です。

昭和39酒造年度まで、酒造年度は「10月1日」からと定められており、

蔵元では「酒造元旦」として祝っていました。

こうした経緯から、昭和53年に日本酒造中央会が、

10月1日を「日本酒の日」としました。

二つ目の理由:「とりとさけ」

こちらは、「なるほどな〜」となります!

漢字の「酒」は、「酉(とり)」という字に

さんずいがついて「酒」となり、

この「酉」は「酒つぼ」を表す象形文字からできています。

ここからがミソです。

「酉」という字を干支で、子・丑・寅・・・・と「酉」まで

数えてみてください。「酉」は10番目の動物です。

そこから、10月が日本酒の月となったという説もあるそうです。

10月からは季節も移り変わり、秋・冬は特に日本酒が楽しめる時期に

なっていくのではないでしょうか?

そこで、日本酒に合う「とり系缶詰のオススメランキング」です!

 

日本酒に合うとり系缶詰のオススメ

第5位 鳥皮みそ煮缶詰

 

こちらの缶詰は、特に男性に人気の高い缶詰です。

とろとろに柔らかい鳥皮と濃厚でありながら、あっさりとした

味噌のコクとこんにゃくの食感がオススメの一品です。

 

第4位 やきとり 柚子胡椒味缶詰

 

さっぱり柚子胡椒の効いた、美味しい缶詰です。

焼き鳥缶詰の王様「ホテイの焼き鳥」の柚子胡椒味で、

爽やかな柚子胡椒の香りと風味が、日本酒との相性抜群です。

 

第3位 だし巻き缶詰

 

こちらは、「とり」ではないですが、鳥から産まれた卵ですので。

あっさり京風だしのmr.kanso不動の人気No.1だし巻き缶詰!

だし巻きにはポン酢を少したらし、日本酒をキュッといく、最高です!

 

第2位 マテ茶鶏のオリーブオイル漬け缶詰

 

マテ茶鶏とオリーブオイルの組み合わせで、少し洋風なこちらの缶詰。

マテ茶鶏の特徴である、強い甘味とオリーブオイルの香り。

日本酒の香りともマッチします。

 

第1位 国産鶏のごま油漬缶詰

 

ピリッとした辛さとニンニクの香りが、まさしく「和風アヒージョ」。

ごま油とニンニクの香り、ピリ辛の味付けが、

今宵、日本酒の味を引き立たせてくれる事、間違いなしです!

 

まとめ

 

「日本酒と缶詰」、他にも沢山の日本酒と相性のいい缶詰があります。

今回は、「日本酒の日」という事で、「とり」の特集とさせてもらいました。

日本人にとっても馴染みのある「日本酒」と「とり」、機会があれば、

お試しください。

 


Pocket
LINEで送る