食レポシリーズ「天の橋立かき燻製油漬け」

牡蠣燻製食レポ

皆さん、こんにちは。

今回は、「缶詰食レポシリーズ」第一段をお届けしたいと思います。

 

 

 天の橋立湯漬けシリーズ【かき燻製油漬け】

IMG_1880

食レポ第一段は、オイルサーディンで有名な、天の橋立油漬けシリーズから、「かき燻製油漬け缶」。

 

 

創業明治41年の竹中缶詰株式会社

缶詰通の方はご存知だと思いますが、改めてこの「天の橋立シリーズ」をご紹介します。

「天の橋立シリーズ」缶詰を製造しているのは、創業明治41年の竹中缶詰株式会社で、一つ一つ丁寧に手作業で作るのをモットーとされています。

天の橋立シリーズは、厳選した素材の本来の味を引き立たせるため、余計な調味料を一切加えていません。

また、新鮮な綿実油を使用することにより、くどくなく、あっさりとした味わいが特長の缶詰なのです。

 

 

そして、実際の味は?

かき2

 

イージーオープン缶なので、缶切り無しで開けれます。

見てください、この丁寧に並べられた牡蠣を。

 

この時点で、燻製の良い香りが漂ってきます。

IMG_23

 

斜めから見ると、わかってもらえると思いますが、このオイルの透明感。

新鮮なオイルを使ってる事がうかがえまね。

IMG_2354

 

一つ一つは、わりとしっかりとした大きさがあります。

牡蠣

 

このプリプリ感が、写真で伝わりますでしょうか。

とても缶詰の牡蠣だとは思えません。

IMG_2358

 

では、一つ頂きます。

かき燻製味のレポート

 

旨っ!!

感想として最初の一言は、やっぱりこれです!

旨い。

 

まず、口に入れると燻製と牡蠣の香りが、口いっぱいに広がり、そして鼻からぬけていきます。

しかし、燻製と牡蠣との香りの相性って最高ですね。

 

あと、見た目の予想を裏切らないプリプリ感

結構しっかりとした食感です。

 

そして、噛めば噛むほど強くなる、牡蠣の濃い味

ほんと牡蠣好きにはたまりません。

 

塩加減も丁度よく、噂通りの上品な味です。

 

僕は、レモンをかけて食べたいですね。

 

お酒のアテには、日本酒、ビールはもちろんですが、白赤両方のワイン等、どのお酒も合いそうです。

個人的には、赤ワインといっしょに食べたいです。濃厚なので、魚介系だけど白じゃ無く、赤ワインもあうんじゃないでしょうか。

 

 

 

まとめ

天の橋立シリーズ「かき燻製油漬け缶」うわさ通りのおいしさでした。

味と言い、香りといい抜群の旨さです。

少しお高いですが、ちょっと贅沢なグルメ缶詰、皆様も是非この美味しさを味わってみて下さい。

 

天の橋立牡蠣燻製
ご購入はこちらから

 




コメントを残す