食レポシリーズ「mr.kansoぶり大根缶詰」【社長編】

ぶり大根缶詰食レポ

食レポ_ぶり大根

 

皆さまこんにちは、mr.kanso代表 川端啓嗣です。

3月も残りわずかで、少しづつ暖かくなってきましたね?

前回に引き続き、mr.kansoオリジナル缶詰を食レポ形式でご紹介させていただいてきます。

第六回目は、mr.kansoオリジナル缶詰「ぶり大根缶詰」です。

 

日本の郷土料理の一つ、ぶり大根

ぶりと大根を醤油で煮付けた、日本の郷土料理の一つ、ぶり大根。

農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれた郷土料理なんです!

本来は、ぶりに脂が乗ってくる冬に食べるとより美味しい料理ですが、缶詰なら年中食べられますよね。

ぶりは、出世魚で何度も名前を変える事から、縁起の良い魚とも言われています。

 

鯛が米を抱えたイラストが特徴!

IMGP0146

 

ぶりと海を彷彿とさせるブルーを基調にしたデザインです。

開けるとこんな感じになっています↓↓↓

 

ブリッブリのぶりが!

IMGP0217 (1)

蓋を開けると、きっちりとぶり大根がだしに浸かっているではないですか!

醤油の甘い香りがたまりません。

 

IMGP0212

脂ののったぶりが光っています。

郷土の味わいは、どんなものなのか?

 

いただきます!

 

IMGP0556

まずは、ぶりから。

柔らかく、脂ののったぶり。

甘辛い醤油の味付けとぶりの旨味が溶け出して

めちゃめちゃ美味しいです。

 

IMGP0558

 

次は、大根。

これもまた、美味しいです。

大根の甘みが引き出されて、味わいはフルーツみたいな感覚でした。

お酒の肴やご飯のお供にぴったりな一品です。

 

晩御飯のメインディッシュにも

IMGP0310

 

お皿に盛り付けて、横に色合いのある野菜等を少し添えると、

晩御飯のメインディッシュにも使えるクオリティ。

ご飯に乗せて↓↓↓一緒に食べると晩ご飯がグレードアップ!!

 

信州の郷土料理↓↓↓ いなご甘露煮。こちらもご飯に合います。

 

 

こんなシチュエーションで実力発揮

IMGP0386

 

・たまには贅沢に → 「奥様、ぶり大根缶詰を!」

・お子様のおやつに → 「坊ちゃん、お嬢ちゃん、ぶり大根缶詰!」

・お酒のあてに → 「旦那さん、ぶり大根缶詰!」

・防災、非常用に → 「みなさま、ぶり大根缶詰!」

ぶり大根缶詰は、柔らかいぶりと大根が醤油ベースの味付けにマッチしていて、食べやすく、ご飯やお酒と合わせやすい缶詰です。

ホームパーティーやアウトドア、非常食など多くのシチュエーションで活躍すると思います。

 

まとめ

「ぶり大根缶詰」は、柔らかいぶりと大根のハーモニーが絶妙で、箸が進む日本の郷土料理を詰め込んだ缶詰でした。

そんな、「ぶり大根缶詰」を是非、一度お試しください。

ぶり大根缶詰は、お近くのmr.kanso店舗でお買い求めいただけます!!

 

mr.kanso店舗一覧はこちらから↓↓

 

 


Pocket
LINEで送る




コメントを残す