食レポシリーズ「mr.kansoたこ焼き缶詰」【社長編】

たこやき缶詰食レポ

食レポ_たこやき

 

皆さまこんにちは、mr.kanso代表 川端啓嗣です。

mr.kansoオリジナル缶詰を食レポ形式でご紹介させていただきます。

第二回目は、mr.kansoの2枚看板のひとつ「たこやき」です。

 

大阪のソウルフードたこ焼き

たこ焼き=大阪と言えるほど、たこ焼きは大阪のソウルフードです。

mr.kanso(缶詰バー)は、大阪発祥で、大阪の名物たこ焼きを缶詰で作りたいという思いから、この商品は出来ました。

たこ焼きに欠かせないのが、ソースです。この缶詰は、缶詰の中では異端児で、ソースに浸かっている缶詰です。ソース味の缶詰は、世界広しと言えど、このたこ焼き缶詰しかないのではないでしょうか?!

 

たこ焼きを彷彿させるデザイン

IMGP0139

 

缶詰の全体がたこ焼きのように見えるようなデザインです。上からソースがかかっていて、屋台のたこ焼き屋のイメージで暖簾のイラストが入っています。

一目で「たこ焼き」と分かりやすいようにデザインされています。

実際に、「中身はどうなっているん?」と聞かれる事が多いです。

では、どうなっているかというと。

 

コロコロ入ってます!

IMGP0205

パカッと開けると4つたこ焼きが入っているではありませんか。しかも、ソースが絡んで何とも面白い中身になっております。

想像できましたか?皆様。

IMGP0232

たこ焼きの形をしっかりと保って、見た目はしっかりたこ焼きです。

しかし、このソースに絡められたたこ焼きは、どんな味なのか?

 

いただきます!

IMGP0505

 

かつお節とネギを少し振りかけていただく事にしました。ソースの甘辛い香りとかつお節、ネギの香りが何とも美味しそうな雰囲気を醸し出しております。

爪楊枝でブスッと挿して、いざ実食です。

IMGP0509

 

大阪生まれ、大阪育ちとしては、たこ焼きちゃうなぁと言う感じです。これは、新しい食べもん、「たこやき缶詰」です。

口の中に入れると「フニャッ」、「ベチャッ」と言う食感です。

最近大阪では、外カリ中フワのたこ焼きが人気があるように思いますが、個人的には、外も中もフワフワの方が好みです。なので、以外とこの缶詰は好きです。

ビールが飲みたい!!

味は、ソースの甘みが程よく、粉もんの感じが良く出ています。

「屋台のたこやきを買うたけど、冷えたからチンして食べてみた感じ」と少し例えが分かりにくいかもしれませんが、これは、新しい食べ物と思っています。

 

パーティーやおやつに

IMGP0333

 

ちょっとしたパーティーやお子様のお友達が遊びにくる時など、缶詰からお皿に移してワイワイと食べるのも面白いかと思います。

かつお節、ねぎ、マヨネーズ、チーズなど、色々なトッピングを合わせて味のバリエーションも一緒に楽しめます!

もちろん、ビールやジュースとも良く合います!

 

こんなシチュエーションで実力発揮

IMGP0393

 

・晩ご飯の一品が足りない → 「奥様、たこやき缶詰を!」

・お子様のおやつに → 「坊ちゃん、お嬢ちゃん、たこやき缶詰!」

・お酒のあてに → 「旦那さん、たこやき缶詰!」

・防災、非常用に → 「みなさま、たこやき缶詰!」

たこやき缶詰は、柔らかい食感で甘辛ソース味なので、小さなお子様からご年配の方まで、幅広く食べていただけます。

たこやき缶詰は、その見た目、面白さから、様々なパーティーやお土産、景品、などにも人気です。

 

まとめ

「たこやき缶詰」は、今までにない新しい食べ物でした。

特製ソースの味と粉もんらしい味わいで、大阪のソウルフードを楽しめる。

そんな、「たこやき缶詰」を是非、一度お試しください。

たこやき缶詰は、お近くのmr.kanso店舗でもお買い求めいただけます!!

 

 




コメントを残す