食レポシリーズ「mr.kansoだし巻き缶詰」【社長編】

だし巻き缶詰食レポ

食レポ_だしまき

皆さまこんにちは、mr.kanso代表 川端啓嗣です。

mr.kansoオリジナル缶詰を食レポ形式でご紹介させていただきます。

第一回目は、mr.kanso人気ナンバー1の「だし巻き」です。

京都老舗吉田喜とのコラボ

京都で創業75年の吉田喜さんとのコラボによって実現したこの缶詰は、缶詰の域を超えていると自負しております。吉田喜さんは、たまご焼きや伊達巻をお寿司屋さんや仕出し屋さんへ卸販売されている会社です。

だし巻きと言えど、地域により味付けも違いますが、このだし巻きは、京都のだしを使用し、あっさりとした味付けになっています。

だし巻きをイメージしたデザイン

IMGP0144

だし巻きの「黄色」をメインカラーに使用し、だし巻きが下から覗いているような曲線が入ったデザインで、和風の文字で大きく書かれた何の商品か分かりやすく、馴染みやすいパッケージデザインにしています。

開けてみると?

IMGP0199

パカッと開けるとぎっしりだし巻きが詰まっています。

全部で4切れ入っています。

見てください、この黄金色に輝くだし巻きを!

IMGP0224 (1)

ほどよく、京風だしが入っており、そこにだし巻きが綺麗に並んでいます。

「だし」と言う名の温泉につかった「だし巻き」は、

いったい、どんな味わいをみせてくれるのでしょうか?

いただきます!

IMGP0498

幾度となく食べている「だし巻き」缶詰ですが、やはり美味しいです。

だし巻きの中に、「だし」が染み込んでいて、口の中に入れると、

だしが「ジュワッ」と出てきます!しかも、ふわふわと柔らかいです。

IMGP0500

あっさりとしている中にも「だし」の味がしっかりとついていて、ご飯やお酒が欲しくなります。

ご飯やお酒と一緒に食べる時に、缶詰そのままでは味気ないと思った時は、

お皿に移してもらうだけでこんな感じになります。

本格的な和食に変身

IMGP0293

 

和食の料亭で出てくる一品ではありません。缶詰です。

お皿に盛り付け、シソや大根おろしを添えるだけで色味も変わり、食欲をさらに引き立ててくれますね。

そして、オススメの食べ方はコチラ

だし巻き+ポン酢

IMGP0302

 

一般的には、だし巻きに醤油をかけて食べることが多いと思います。醤油の代わりにポン酢を使ってみてください。

あっさりとした、だし巻きとポン酢の組み合わせは、絶妙な相性です。

こんなシチュエーションで実力発揮

IMGP0390

 

・晩ご飯の一品が足りない → 「奥様、だし巻き缶詰を!」

・お子様のおやつに → 「坊ちゃん、お嬢ちゃん、だし巻き缶詰!」

・お酒のあてに → 「旦那さん、だし巻き缶詰!」

・防災、非常用に → 「みなさま、だし巻き缶詰!」

だし巻き缶詰は、柔らかい食感であっさりした味付けですので、小さなお子様からご年配の方まで、幅広く食べていただけます。

たまごは、淡白源にもなりますので、普段の食卓から、小腹が空いた時、お酒のあてや、防災・非常食としても役立ちます。

まとめ

やはり、「だし巻き缶詰」はあっさりとしていて、本当に美味しい缶詰でした。

缶詰の中で京都の味を楽しめる。いろいろなシチュエーションで活躍する。

そんな、「だし巻き缶詰」を是非、一度お試しください。

だし巻き缶詰は、お近くのmr.kanso店舗でもお買い求めいただけます!!

 

 

Pocket
LINEで送る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>