ワインに合う缶詰ランキング 【社長編】part.2

ワインと相性の良い缶詰ランキング【社長セレクト】part.2

white_wine

皆様こんにちは。
mr.kanso代表・川端啓嗣です。前回に引き続き、ワインと相性の良い、一緒に食べてみて欲しい缶詰のランキングをご紹介いたします。

〜ワインと缶詰のマリアージュ 白ワイン編〜

前回の赤ワイン編と合わせて読んで欲しい、

今回も、「ワインと缶詰のマリアージュ」がテーマです。

ワインと缶詰の相性を前回から書かせていただいていますが、本当に生産地、使用しているぶどうの品種などでも味が違うワインと缶詰の相性を見極めるのはすごく悩みます。

フルーティーな味わいやサッパリとした味わいで飲みやすく、白ワインを好んで飲まれる方も多いかと思います。そんな白ワインにぴったりな缶詰をご紹介いたします。

悩みに悩んだランキングをご覧くださいませ。

第5位 だし巻き缶詰

IMG_6316

和食の定番、だし巻きの缶詰。京都の老舗吉田喜とmr.kansoのタイアップにより作られているこの缶詰は、缶詰とは思えない完成度の高いだし巻きです。

国産の卵を使い、丁寧に焼き上げられた、だし巻きが、京風だしに浸かり、味が染みてより美味しいダシの味わいを楽しんでもらえます。

そんな和食の心、ダシの効いたこの缶詰には、すっきりした甘めの白ワインがおすすめです。最近では、上質な日本のワインも沢山ありますので、「和」で合わせてもらうのも良いかと思います。

 

第4位 天の橋立 かき燻製油漬け

IMG_6405

缶詰を開けると美しい粒ぞろいの牡蠣が並んでいます!日本三景のひとつ、天橋立の名を冠しているだけあり、すごくきれいな缶詰です。京丹後近海で獲れる新鮮な牡蠣のみを使用し、身のしっかり付いた牡蠣をスモークし油漬けにされたこの缶詰は、見ても食べても感動させられます。スモークのかおりと、豊潤な牡蠣には、かおり高く、キッリっとした辛口の白ワインが似合います。

口の中でスモーキーな牡蠣のかおりと白ワインのコクがマッチします。

 

第3位 CASA de BAR 合鴨のアスピックゼリー添え

IMG_6271

お家でバル気分を味わうことをコンセプトに作られている缶詰で、

パッケジーもバルのメニューや店の雰囲気をイメージさせるオシャレな缶詰です。合鴨と色とりどりの野菜をゼリーに詰め込むことで、それぞれの食材の食感や風味を保ちながら、ゼリーの食感を加える事で上品な料理になっています。

フランス料理のアスピックゼリーは、前菜やサラダにも使われることもあり、この缶詰は、前菜にもぴったりと思います。料理前や休日のお昼に、フルーティーな甘口の白ワインやスパークリングワインとこの缶詰をつまみながら、優雅なひと時を、、、なんていうのは、いかがでしょうか?

 

 

第2位 ボルディエ バターサーディン

IMG_6364

フランスの三ツ星レストランや一流ホテルで使われているボルディエバター。

そんな、高級なバターを使用した珍しく、贅沢な缶詰です。

ボルディエバターに漬けたサーディンは、イワシの臭みも少なく、柔らかい食感で、普通のオイルサーディンとは、比べるものではありません!少しソテーすることで、バターのかおりも増します。ニンニクや、醤油、唐辛子などをお好みで加えていただくとさらに美味しくなります。

バターなのに、あっさりとした中に味わいのあるこのサーディンは、少し辛口の白ワインと合わせることで、より風味とコクが増します。

 

第1位 フォアグラ リエット

IMG_6385

このちびっこい缶詰!ぎっしり詰まった中身は絶品です!!

前回の赤ワインでもランクインしたフォアグラの缶詰の姉妹品です。

フランスの肉料理の一種、リエットの缶詰です。豚やガチョウの肉を香辛料などと一緒に長時間煮込み、細かくほぐし、脂肪と混ぜてペーストにしたものです。フランスの美食家達の舌をうならしているこの缶詰は、さながら一流レストランで食べているような気分にしてくれました。フランスパンにペーストするとより味を楽しめます。フォアグラと鴨肉がまざったこの缶詰は、フレッシュでさわやかな白ワインが良く合います。

 

まとめ

2回に渡りお届けしました、ワインに合う缶詰ランキングはいかがでしたか?

ご紹介した缶詰以外にも、沢山おいしい缶詰があります。          好みのマリアージュをいろいろ試しながら、ご家族や、同僚と、友人と、恋人とわいわいとワインを呑むひと時は楽しいですよ!              是非、一度お試しください!!

もちろん、お近くのmr.kansoでもお楽しみいただけます!

*店舗により、品揃えはことなりますので、ご了承ください。

Pocket
LINEで送る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>